タイトルなし。

いつものメンバーといつもの感じで

 

いつものところに座って

いつものように

いつもの感じでやるのが前は好きだった。

 

どんどん、どんどん

それが嫌いになっていって

前よりも行かなくなった。

 

飲み会自体やらなくなった。

 

そもそもお酒って飲まなくてもいいのねと。

飲まなくても生きていけるのね、と。

 

私自身も飲まなくても全く大丈夫だった。

何も問題なかった。

ただ、飲んでる自分と周りのあおりが好きなだけだったと気づく。

 

それよりも大事なものができたから、我慢できるんだと思う。

何かしら我慢できることっていうのが年々増えてきた。

 

だから何だって話ではあるんだけど。

それだけだよ。