リンゴの果実

いつも煮えたぎらない自分の気持ちをどうにかしようと思っている。

 

自分が変わらなくちゃ

分かっている。

誰も助けてくれないから。

 

友達が誕生日だった。

一緒にお祝いをして、楽しかった

笑ってくれてよかったと言ってくれた。

 

その言葉を信じるならば

私はあの場所で一緒に過ごした時間は無駄じゃなかったと思う。

 

不満があるってことはあなたに興味があって

何もかも口出ししたくなるのは、あなたのことを思っていて

何かプレゼントしたいとか、そういう風に思うのは

私の気持ちを言葉以外に伝えたくて。

 

それらを思わない人たちは

興味がないのだ。私じゃなくてもいいと思っているのだ。

そういう風に口出ししたくなる人をもう少し作りたい。

 

私がどうにかしたいって思う人を。