家族とか愛とか。

私の家族は変だ。

なぜそれに気づいたのかというと

私の彼から言われる一言で第三者目線になり、確かめたからだ。

 

この前帰省をするために飛行機に乗った。

関東からと言っても一本で行けちゃうもんだからとにかく遠いなんて感じたことがない。

あいにく家族全員が揃うことは出来なかったが、それぞれとそれぞれに話すことができた。

何を確かめたかというと

物事に沿ってちゃんと話せているか。

人の話を聞いているか。

質問されたこと、話されたことに対して適切な質問を投げられているか

 

結果は、家族みんなができていなかった。

すきなようにすきな事を適当に喋っていた。

だから全く会話になっていないのだ。

可哀想なくらい。

 

質問したことにきちんと返せないのは

そりゃあ、話す相手だって話したくなる気なんて無くなる。

相手の予想に近い答えを出すなんて不可能だ。

思った事を話して、もちろんいいんだけども

意図したものではない答えを返して

リアクションを相手任せにするのも

少し違う気がする。

 

私は少しそういうとこがある。

相手の顔を伺って、思ったことを変えて相手に伝えてしまうクセがある。

家族に感じたように、相手にもそう感じさせている。

もうこれは自分に嘘をついて

自分をよく見せたいか、自分を守りたいか

そういう事だと思う。

 

それってとても恥ずかしい。

家族のようにはなりたくないから

自分を変えなければ。