少なくて良いじゃない

The 今回の場所は渋谷。

学生の時に学部が一緒だった女の子と3年ぶりぐらいに会った。

渋谷駅前のツタヤで待ち合わせした。

 

見た目はやはり変わっていたが

話していくうちに、中身は天真爛漫のあの子が蘇った。

今は名古屋で学生をしているらしい。

私と同じ学部の時は首席で卒業した。

今は教育学部で勉強しているんだという。

 

勉強は出来るのは知っていたけれど

やっぱり少しだけ変な子だと思う。

普通の人では感じない何かをいつも感じているのだと思う。

 

渋谷のどこにいきたい?

と聞くと

どこでもついていく!見てるだけでも楽しいよなあ って。

そういう子は愛される。なんとなくそう思う。

 

自分がこれ楽しいって思ったことに対して

異議立てたりするんではなく

共感したり、受け入れるだけで

人間関係は円滑に回る。

 

けれどもそれで、自分の意見を閉ざしてしまっていたら意味がない。

そこの兼ね合いが1番大事。

 

一番やりたくないことは

興味がないフリと

無視と

本当の事を言わないこと。

 

その子は今年の春からやっと

社会人になるらしい。

某航空会社に勤めるという。

エリートコースなのか知らないけど

かなりの実力と振る舞いで期待を買っている彼女はきっと良いポジションで働くのだろう。

また会いたい。

 

もっといろんな人と出会いたい。

**今回のお店**

富士屋本店