自己防衛

リッツカールトンで買い物をした。

 

友達からお花やプレゼントを頂いた。

でもそれは全部お金がかかってて

お金じゃ幸せになれないはずだと信じてきたのに

幸せになっていた。

 

知り合いのクリスマスパーティで

私が買ったリッツカールトンのプレゼントをプレゼント交換で

当たった人に渡した。

突然空気が変わった。

なにこいつ。って。

私は動じなかった。おもしろかった。

 

私は私なりに考えたプレゼントを持ってきただけだった。

そしてそのクリスマス会もおもしろくて

人それぞれ、値段もそれぞれ。

その人が思ったものを持ち寄るのはとても面白かった。

お金持ちなのかそうでもないのか、知らないけど。

 

パソコンも携帯も明るくて嫌い。

明るい場所が好きじゃなくなるときもある。

人に会いたくない時もある。

出会ったら別れなくちゃいけないから。

 

みんな自分の時間。私の時間を持っていて

それは誰にも邪魔することはできない。

できているようで、それは相手の時間を

奪っているだけで邪魔なんかしていないと思ってる。

しかも相手はその時間に賛同して一緒に居てくれているだけの話だ。

今までやってきたことが評価される時、

私は何を、どこを、評価されるのだろう。