都会と田舎

The 今回の舞台は渋谷。

 

これもまたお久しぶりの再会で、3年以上会ってない方だ。

1年前に仕事で東京へ。看護師と保健師の資格を持っているという優秀な人材だ。

 

夢とか目標がある人は本当にかっこつけなくてもカッコいい。

周りに夢を持っていない人が多すぎて

何すればいいかわからないとか暇なんだよね

とか

なんでそんな風に感じるのだろう。

 

と思う。

若い人だけじゃない、30代過ぎてからもそのように言う人もいる。

目標とか夢とかもっともっと近くにあるはずなのに。

 

話を聞くと3年後には関東にはいないらしく、地元で働くらしい。

理由は様々だが、仲の良い友達がそばにいて欲しいらしく、関東には孤独感を感じているんだそうだ。

息抜きもしたいよねって言ってたけど、

息抜きの場所って関東の方が腐るほどあると思うし

仲の良い友達も人が多い方が集まる可能性が多いと思う。

なのになぜ地元にこだわるのだろう。

慣れ親しんだ街に優しさだったり温もりだったりが本当にあるのだろうか。

自分で切り開いた道こそが自分の居場所になるのではと思う。

 

話は変わるが

男性は本当に下心を潜めている人が多い。

それをオープンに「好き」という言葉で表す人だったり、行動で示したり(キスする、ハグする)形はそれぞれ。

そこをどれだけ抑えて自分を評価して貰えるか。

いつも男性を見るとき測ってる。

やっぱ仕事でしかないのかな。

もっといろんな人に出会いたい。

image

**今回のお店**

渋谷 個室居酒屋 柚子の小町