DJ Kentaro“Enter”

Enter

DJ Kentaro「Enter」
レーベル:Ninja Tune
リリース年:2007年
ジャンル:Turntablism,Breaks


Battle DJの世界大会、DMCで2002年日本人初の優勝を成し遂げたDJ Kentaroによる1stアルバム。

DMC(Disco Mix Club)は毎年行われているDJの世界大会だ。近年他にもDJの世界一を決める大会は行われているが、DMCはその中でも歴史が長く、スクラッチやジャグリングなどの技術力を競い、レコードに火を放ったり、ターンテーブルの上で自分が回るなど奇想天外なプレイも見れる大会だ。

そのDMCで日本人(アジア人)で初めて優勝したDJがDJ Kentaroだ。まずはその映像を

このルーティーンでDJ Kentaroが行ったのは少ないレコードで多くのジャンルを演奏するということ。Hiphopやドラムンベース、テクノなど様々なジャンルをジャグリングやスクラッチなどDJの技法を用いて表現し、「最後に音楽には壁はない」と締めいる。

この後もターンテーブリストとして世界中でプレイしていくが、その中名門中の名門、Ninja Tuneと契約、まずはNinja TuneのミックスCDをリリースし、その後このアルバムを発表することになる。

彼のDMCでのパフォーマンスでも見られるように彼の作る楽曲は様々な音源を組み合わせて幅広いジャンルの楽曲を制作している。またスクラッチも他のアーティストよりもガッツリ楽曲に含まれている。

アルバムとしてもDJとして一つのストーリーができるようになっている(アルバム一番最後の音もニクい演出だ)。また参加アーティストも日本を含め世界中から面白いメンツが揃っている。

1曲目「Enter the Newgroung」は和風のネタを用いたブレイクビーツ、後半でテンポが倍速に変わるなど動きのある楽曲だ。

アルバム発売前にシングルとしてリリースされた「Free」はアンダーグランドHiphopで人気のMC Spank Rockを客演に迎えた楽曲だ。ハンドクラップがかなり特徴的な楽曲であり、BassMusic的な要素もあり普通のHiphopとも一味違うトラックだ。PVもかなり面白いので是非見てもらいたい。

HIFANAを客演に招いた「Harvest Dance」はアルバムの中でも最も気に入ってる1曲。国内でも最高のBreakbeats楽曲。パフォーマンスも最高なのでLive映像を。「君から見たら異色かい?俺らから見れば自然さ」

この楽曲が続く「Trust」はdrum’n bassの楽曲でDMCでのプレイのように様々な素材が行き交い面白い展開を見せている。シンセの打ち込みもそれらと混ざり合いこちらもかなり攻撃的な曲となっている。


今日って海の日だったのね…しまったせっかくなら海に関係するアルバムの紹介でもすればよかった‼︎って後悔してんだけど、このアルバム「Uminnaka」っていうSkitで水の中に入って録音した楽曲があるのでギリセーフってことで….