Lolica Tonica“Make me Feel EP”

Make me Feel EP 

Lolica Tonica「Make me Feel EP」
レーベル:TREKKIE TRAX
リリース年:2015年
ジャンル:Future Bass


TREKKIE TRAXより巧みなサンプリングでキュートでPopなBass Musicを製作をするLolica TonicaのEP

2000年半ばより世界中で多くのネットレーベルが生まれ、今やそのリリースの気軽さからか最新の音楽の発信源として最も重要なコンテンツとなっている。日本でもマルチネレコーズはじめ多くのネットレーベルが生まれ、現在ではクラブでのイベントは当たり前になり、そこからメジャーデビューした者やウルトラJapanに出演するもの、レーベルの本が出版されるなどもはやネットを飛び出した活動が見られる。

そんな日本のネットレーベルのなかで今最も勢いのあるレーベルの一つがTREKKIE TRAXだ。2012年にDubstepユニットSeimei & Taimeiやandrew、futatsukiなどの若手を中心に発足、日本の若手を始め海外アーティストの作品もリリース、日本最大のクラブミュージック情報サイトでありラジオ局でもあるblock.fmにてレギュラー番組も持ち、ちょうどこの前までUSツアーを行うなど、日本に留まらず世界中での活動が見られる。

さて多くの若手アーティストを輩出しているTREKKIE TRAXだが、ユニットの一つがLolica Tonicaだ

Lolica TonicaはKy7ie.とヒイラギペイジの二人組ユニットであり、サンプリングを用いた多様なカットアップとキラキラとしたシンセサウンドを特徴とするFuture Bass,Jersey Clubのユニットだ。個人的にヒイラギペイジは別のジャンルでの活動を見ていたのでLolica Tonicaとしての登場はなかなかビックリしたのであった。

今作は現在海外勢とのコラボも行っている彼らのEPとしてはデビュー作にあたる。

まず表題曲の「Make me Feel」は先行でリリースされた時点で大きな話題を呼び2015年大ヒットした楽曲の一つだ。僕も結構イベントでかけた。Future Bassといえばきらびやかなシンセサウンドが特徴的だが、彼らはシンセのみならずピッチを上げたサンプリングを巧みに用いた独特のサウンド作り出している。

全体的に可愛らしい雰囲気の楽曲が多いLolica Tonicaだが、楽曲の途中でゴリゴリのBass Musicの部分を聞くこともできる。「Atomic Future」でも前半は可愛らしいFuture Bass楽曲だが、途中のBuild up以降から雰囲気を大きく変えてくる

EPはオリジナル楽曲4曲とRemixが4曲収録されている。僕はイベントで160辺りをかける機会が多かったこともあってか、TREKKIE TRAXの中でも最も活躍しているアーティストの一人CarpainterによるBPM160のGarage調の楽曲が気に入ってる。


さて、表題曲の「Make me Feel」は割と最近のネットミュージックで多くなったSTEM配布を行っている。STEMとはドラムやBass、シンセなど楽曲を構成する素材の配布を行うことであり、これを用いたREMIXなどを製作することができる。

そのため多くのRemixが生まれ、その一部がMake me Feel Remixes という形でリリースされている。これまた多彩なジャンルのアーティストが参加しており、様々な形のMake me Feelを聞くことができる。

またこれのリリース後に制作されたものだが、九州を代表するBASS Musicクルー、LΛNCHRのメンバーの一人であるRyuki MiyamotoのREMIXが非常にカッコいいので合わせてチェックしてもらいたい