Sienna Skies“Truest of Colours”

Truest of Colours 

Sienna Skies「Truest of Colours」
レーベル:New Justice Records
リリース年:2009年
ジャンル:Emo,Post-Hardcore , Trancecore


 

オーストラリアのエモ・スクリーモバンド系バンドSienna Skiesの1st

今年は割と自分の中でラウド系ロックにハマってた気がする。僕は今までポストロックを除いてロックバンド自体をあまり聞いてこなかったっていうのがあったんだけど、今年はなぜかきっかけは思い出せないんだけど、ダブにハマった後にラウド系を聴き始めたのであった。まあ今だにこのラウド系って言葉もよくわかってないんだけど….

まあもともとFear, and Loathing in Las Vegasとかは興味があったので最初はシンセ音が含まれるそこらへんのバンドを聴こうと何枚かかっていったんだけどその中でも気になったバンドの一つがSienna Skiesだった。

割といつもならこのアーティストはこういう音楽的要素があって….みたいな感じで好きな理由を書いていくけど、今回はメロディだとかヴォーカルの声とか、そういう部分が純粋に好みだった。

もっと深くいくならこの手のバンドってシンセの音色やバランスってすごい難しいんだろうなぁってのは前々から思ってた。というのもバンドだからDJだとかよりもLive感ってのがすごい重要になってくると思うんだけど、生演奏するとなるとシンセ等の導入って難しいのか、ちょくちょくこの手のバンドだろシンセメインの僕目線だとシンセの音がショボく感じてしまうことが多々あるのだけど(まあ逆にバンドの人たちは打ち込みの人のギターの音がショボくてたまらないんだろうなぁ)そんなにバンドサウンドに負けてる感じもしない。というよりバランスがいい。

アルバム2曲、1曲目はイントロなので「Worth It?」から

「Heartquake!」じゃイントロに909系とダンスミュージックの影響を強く感じさせる楽曲。しかしシンセサウンドを前面に押し出さずあくまでバンドサウンドがメインなのがなかなか気に入ってる。これぐらいのバランスの方が好みなのかもしれない。

アルバム最後の楽曲である「Skies」は今まで打って変わって前半はアコースティックサウンドがメインの楽曲となっている。曲調も今までと大きく変わってくるがここでは泣きのメロディが聞けていい。