UNI“La’movin”

LA’movin 

UNI「La’movin
レーベル:throb Records
リリース年:2004年
ジャンル:Psy-Trance


LIVE実践ユニットであり日本を代表するスピリチュアルなトランスユニットの大ヒット3rd

トランスは多くのプログラミングによって成立している音楽であるため、なかなかLiveは難しく、EDMアーティストと同様にDJ Setが主になるようなイメージを持っていたのだが、以外と僕が知る限りPsy-TranceのアーティストはLive Setをやっているようである(他のTranceをあまり知らないだけで以外とどのトランスもやっているのかな)。結構Psy-Tranceとロックギターは相性がいいようで音源でもROCK×Psy-Tranceというのは珍しくない。

そして日本にもLive演奏を見所としているユニットがいる。それがUNIだ。ロート・トムという打楽器を使用、LiveではもちろんPsy-Tranceでも珍しいであろう楽曲中に生ドラムのサウンドが取入れたれている。また今作ではCDにエキストラトラックとしてLive映像が収録されている。また意図的に途中で飛ばしたり停止ができない仕様になっており、録画といってもLiveを大切にするユニットであることが伺える。

またジャンルとしてもPsy-Tranceとしての色が強いがPsy-Tranceはサイケデリックな音を作っているものの、全身のGoa-Traceほど民族色が薄められ、より機械的な音になっているのに対して、特に民族楽器などは取り入れているわけではないがUNIはスピリチュアル的な音の割合が高いように思える。

「Underground Around」を聞けば彼ら世界観にどっぷり浸かれるだろう。独特の音色やメロディ、そしてノイジーなシンセと共にドラムサウンドも聴くことだできる。

「Bibove」はPsy-Tranceの楽曲ではなく、まるでシリアスな映画のサントラのような独特の雰囲気を持つ楽曲だ。アルバム中でも異色の楽曲でありながらアルバムの中でも最も印象に残る楽曲であろう。

そしてこの楽曲から続くように始まる「Time Out」はまずPsydub的なアプローチであり、ダビーな加工された生ドラムから始まりTranceパートとPsydubパートが織り交ぜながら楽曲が進む、非常にドラマティックな楽曲となっている。このような楽曲を他のPsy-Tarnceで聴くことは難しいだろう。